« *亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24 | トップページ | *亀甲花菱 純米吟醸無濾過生原酒 中取り »

*和田来 純米吟醸生原酒 改良信交

001昨日の日曜日は曇り空でしたが、少し涼しくて過ごしやすいお天気でした(*^_^*)

九州は台風の影響で大雨のようですが、全国を縦断して北海道に影響が出てくるのは今週の後半となるようです(^^;;

それでは、今週スタートのお酒 『和田来(わたらい)』純米吟醸生原酒 改良お信交のご紹介です(o^-^o)ノ

亀の尾米の血を引く改良信交米を94%、山田錦米を6%使用したこのお酒は、優しい香り、お米の旨味・甘み・コクとのバランスがやっぱり絶妙です。94%対6%のこだわりがこの杜氏さんならではですね~今年の改良信交も文句なしの美味しさです     (≧∇≦)/▽

今夜は七夕です♪北海道は本当に綺麗な星が見られますので、曇っていなければ天の川が見られる場所も多いでしょう~:*.☆。o空を見上げてみるのも素敵ですね(*^ε^*)私は見られませんけど(;ω;)グスン

今週も今夜から、このお酒と共に東北応援です♪今夜も、銀の雪でお待ちしておりますo(*^▽^*)o

人気ブログランキングへ ←今日もポチッ(*^_^*)

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ←こちらもポチッ(^.^)

|

« *亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24 | トップページ | *亀甲花菱 純米吟醸無濾過生原酒 中取り »

山形県」カテゴリの記事

コメント

いつも有難うございます。一昨日鶴岡日本酒セミナーオープニングパーティーが開催され、10,000円の高額会費にもかかわらず260名を超えるお客様が地元のみならず仙台・東京・京都他全国各地よりお集まりいただき大盛会でした。今年で15回目の節目で、ちょうど私の酒造歴と同じです。全国新酒鑑評会では山形県として2004年以来2度目となる金賞受章数日本一を達成し、私もその一翼を担うことが出来ました。さて6%のこだわりですが、これはお酒を仕込む時にはじめに酒母(しゅぼ)と呼ばれるものを仕込むのですが吟醸造りの場合、酒母造りに使用する白米の重量が、総米(そうまい)つまり1本の醪タンクを仕込むのに使う白米の総重量の6%から来ています。本来は100%同じ原料米を使用するのがいいのかも知れませんが、酒母を仕込むお米の量が少ないと温度管理が難しく(大抵は低くなりがちです。)そのためタンク2本分の酒母を一度に仕込む方法(2個モトといいます)をとっているために、6%だけ違う米になるケースが生じます。ちなみにこのお酒の兄弟(姉妹)ともいえるもう1本のタンクは山田錦を100%使用して仕込みました。今日はこれから山形県南部の長井市で県内蔵元の技術者の勉強会、明日は東京で日本名門酒会のメーカー技術交流会と台風の方へ向かうことになります。当社唯一の県外産米である「兵庫県産山田錦」も心配ですが、何よりも人命や家屋への被害が出ないことを願うばかりです。今後とも宜しくお願い申し上げます。

投稿: 渡會 俊仁 | 2014年7月 8日 (火) 10時31分

渡會 俊仁様
こんにちは(*^_^*)お元気ですか?6%のご説明をありがとうございますm(__)mいつも丁寧にお米の%を表示して下さっているので、お客様から「何でこの数%が加わっているのかな?」というご質問を受けておりましたので、造られた方に説明を頂けると非常に助かります。私も、なるほど~(^.^)と納得致しました(*^O^*)ありがとうございます(*^人^*)
明日の東京行きは少し心配ですが、渡會さんの事ですから大丈夫でしょう(o^m^o)
西日本が心配ですね・・・。まずは、お気をつけて行って来て下さいね。こちらこそ、これからも宜しくお願い致しますo(*^▽^*)o

投稿: 銀の雪ママ | 2014年7月 8日 (火) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/494456/56709754

この記事へのトラックバック一覧です: *和田来 純米吟醸生原酒 改良信交:

« *亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24 | トップページ | *亀甲花菱 純米吟醸無濾過生原酒 中取り »